アラサーだってピンクが着たい

今日もゆる〜く幸せに(´-`)

『知ってるワイフ』のエキストラ情報とロケ地を紹介!原作は韓国ドラマ?みんなの感想も!

アラサー起業家、ドラマオタクのあんずです。

2021年1月クールのドラマが次々と放送されていますね。

刑事ドラマや学園ドラマ、ミステリーなど様々なジャンルのドラマが放送されていますが、今回ピックアップしたのは【ファンタジーラブストーリー】を描いたドラマ『知ってるワイフ』です。

大倉忠義さんが主演を務め、広瀬アリスさんが「恐妻」を演じている同ドラマ。

2人の演技力はもちろん、夫婦関係について「分かりすぎる」「うちも同じ」という声も多く寄せられていますね。

特に、育児と仕事を両立するママは共感するシーンが多いのではないでしょうか。

わかる。共感しすぎて辛い。

そ、そーなの?!

 今回は主婦の共感を呼んでいるドラマ『知ってるワイフ』のエキストラ情報ロケ地原作について紹介していきます。

 早くラストの展開が知りたい!という方やロケ地巡りをしたい方など、是非参考にしてみてください。

 

 

f:id:watachan02:20210125150504p:plain

『知ってるワイフ』のエキストラ募集はある?

2021年1月の木曜10時から放送されている『知ってるワイフ』のエキストラ募集情報を調べてみると、現在募集はありませんでした。

というのも、『知ってるワイフ』の撮影が行われたのは2020年の6月初旬

実はもう撮影が終了しているんです。

そーなのー!?

知らなかった・・。

エキストラ出演した!という情報もあるので、昨年の撮影時にはエキストラ募集をしていたようですね。

 

 

『知ってるワイフ』のロケ地はどこ?

2020年の6月頃から撮影が行われていた『知ってるワイフ』ですが、どこで撮影が行われていたのでしょうか。

それぞれのシーンの撮影場所を紹介していきます。

あおい銀行世田谷支店はどこ?

主人公の剣崎元春(大倉忠義)が務めているあおい銀行世田谷支店は、東京都調布市小島町2丁目にある「調布市文化会館たづくり」でした。

 

 調布市文化会館たづくりは、過去に『スーパーサラリーマン左江内氏』などのロケ地に利用されています。

あおい銀行世田谷支店銀には物語の重要なシーンが多いので、是非ロケ地巡りとして足を運びたいスポットですね。

 

剣崎元春が小池良治と出会った公園はどこ?

物語の第1話では、剣崎元春が小池良治(生瀬勝久)と公園で出会うシーンがありますよね。

どこの公園なのか調べてみると、東京都世田谷区下馬4丁目にある「駒繋公園」ということがわかりました。

 実はこの「駒繋公園」は、多くの映画やドラマの撮影で使われている公園ですね。

2003年には「いつもふたりで」の撮影地に使われ、1996年には名作と呼ばれた『白線流し』のロケ地としても使われています。

 

その他のロケ地については、わかり次第更新していきます。

最終話までのロケ地をまとめていくので、是非ロケ地巡りの参考にしてみてください。

 

 

『知ってるワイフ』に原作はある?

『知ってるワイフ』は、韓国の有料ケーブルテレビ「tvN」で放送されていた同名ドラマが原作となっています。

実はこのドラマ、あの『パラサイト 半地下の家族』を手がけた制作会社が制作。

有料放送にも関わらず、韓国では視聴率1位を獲得した名作なんです。

有料放送で1位って、凄くない?

期待度も高まるよね。

「夫婦」をテーマにした作品ということもあり、色々な問題を考えさせられるドラマとなっていますよね。

今回の日本版『知ってるワイフ』も主婦や子育て中のママをはじめとし、ドラマに対する様々な意見が交わされています。

 

 『知ってるワイフ』みんなの感想を紹介!

『知ってるワイフ』を見た人の感想をピックアップしていきます。

 

「面白い」という声はもちろん、やはり共感の声が多いですね。

今後も『知ってるワイフ』の情報を更新していくので、是非チェックしに来てください!