アラサーだってピンクが着たい

今日もゆる〜く幸せに(´-`)

『姉ちゃんの恋人』1話ネタバレありのあらすじを紹介!見逃し配信はある?

2020年10月27日放送の新ドラマ『姉ちゃんの恋人』がついに始まりましたね。

『姉恋(あねこい)』と略されている今回のドラマ。

放送終了後にはSNSで、「姉恋最高〜!」「ほっこりする」などの声が数多く寄せられています。

キャストが良いのも姉恋の見どころ。

有村架純さんのナチュラルな可愛さと、弟達のやりとりが心を温めてくれるドラマになっていますね。

今回は『姉ちゃんの恋人』第1話のあらすじを紹介していきます!

ネタバレがあるので、ドラマを見ていない方は引き返してくださいね。

 

『姉ちゃんの恋人』第1話のあらすじ

ここからはネタバレになります。

1.ティーズクラフトアンドホーム 

ハロウィンの飾りと落ち葉

物語は、あるホームセンターから始まります。

そこは駅前にある大きな看板が特徴の「ティーズアンドクラフトホーム」。

入口には大きなかぼちゃが飾り付けられ、店内には秋を感じられるディスプレイが並んでいます。

そう、今はハロウィン戦略の真っ只中。

ホームセンターにとって季節のイベントは、大きな集客へと繋がりますよね。

 

綺麗で清潔感のある店内を見渡すと、テキパキと動く店員たち。

その中でもひときわ輝くのが、売り場担当の安達桃子(あだちももこ)です。

丁寧な接客と明るい笑顔が印象的な桃子は、お客様受け抜群。

同僚からの人気も高く、チーフからの信頼が厚いのも伝わってきます。

 

実はホームセンターの売り場担当には、それぞれの持ち場があります。

桃子が担当している持ち場は、地球儀ギフト。

「ありそうでなかった!いつもと違ったギフトを送りたい方にオススメです!」

という手書きのPOPを中心に、数多くの地球儀がディスプレイされ、見る人を温かい気持ちにしてくれるコーナーです。

 

ある日最後のお客様が帰った後、通路に割れてしまった小さなフェルトの地球儀が落ちているのを見つけた桃子。

その小さな地球儀は、桃子が担当しているエリアの飾りでした。

「明日治そう・・」と地球儀を笑顔で戻した桃子は、販売担当の仲間達と久しぶりの飲み会へ行くことに。

 

2.都会の夜景

キラキラ輝くライトの灯

東京の街を走る一台のトラック。

「綺麗だねぇ〜。やっぱ都会の夜景は」

そう呟いたのはティーズクラフトアンドホームの配送部、高田悟志。

「あの頃は寂しかったもんな〜、夜景。5月頃とか・・」

そう語す悟志。

いま現実の世界で起こっている、新型コロナウイルスの蔓延とリンクする一言ですね。

新型コロナウイルスが落ち着いた頃・・

という設定なのでしょうか。

 

悟志の隣で「あの頃、仕事がなくなったらどうしようかなって」と考えていたと話すのが、同じく配送部の吉岡真人。

「再就職とか・・俺の場合は難しいんで。」と言った真人の表情には、どこか影があります。

今の季節はハロウィン。

街中が温かいオレンジの光で包まれる中、トラックが着いたのはホームセンターの倉庫です。

 

テキパキと動く従業員たちに紛れ、笑顔で仕事をこなす真人。

その表情からは、働くのが楽しい。という気持ちが伝わってきますね。

 

3.販売部の飲み会

木皿に乗った枝豆

「いつ以来でしたっけ?」そう呟いた桃子。

新型コロナで飲み会が出来なくなっていたという設定なんでしょうか。

久しぶりの飲み会に思わず笑顔が溢れる販売部。

最近の近況を報告しあう姿は、まるで家族のようです。

チーフの市原日南子を中心に次々と話が進んでいき、桃子の話になります。

 

実は桃子は高校生で両親を亡くし、弟3人の為に働く一家の大黒柱。

「3人ともデカくなりやがってですね、もう我が家は密で密で嫌んなっちゃいますよ〜」

と話す桃子。

そんな桃子の提案で、販売部と弟達がテレビ電話をすることに。

可愛い弟3人に、思わず笑顔が溢れる販売部。

「姉ちゃん、メシ全部食っちゃうからね。帰ってきても、お腹すいたとかは無しでお願い。」

と話す和輝。

実は安達家では、桃子が嫌いなチーズ料理は、桃子がいない時だけ食べられるという習慣があるようです。

昭和のお父さんみたいと言われてしまう桃子。

 

話題は恋愛話になり、恋したいな〜と話す日南子と桃子。

みんな様々な立場で色々な思いを抱えながら、楽しい未来を夢見ているのかもしれませんね。

 

4.散歩

木々が生い茂る散歩道

朝早く散歩に出かけた真人。

そんな真人を心配そうに見つめる 母親の貴子。

まるで、もう戻ってこないんじゃないかと心配しているみたい。

真人の家には父親の遺影があり、父親が亡くなっていることが分かります。

 

散歩の後は親子で朝ごはんを囲みながら、ゆっくりとした時間が流れます。

たわいもない話をする素敵な親子に見えるけど、どこかぎこちなさを感じるのは何故でしょうか・・。

母親が仕事に出かけたあと、真人は母親の「同窓会 欠席」のハガキを見つけます。

母親が同窓会に行けない理由は、真人と関係しているんだろうか。

後半で家に弁護士が訪れていることから、過去に【何か】をしてしまったんですね。

 

5.安達家

パンとサラダの朝食

バタバタした明るい朝から始まる安達家の1日。

大量のトーストに目玉焼き、サラダと牛乳を4人で囲む朝ごはん。

賑やかで爽やかで、楽しそうで・・

「合宿所か〜、ここは〜!!」と思わず桃子が叫んでしまうほど。

そんな時、テレビで交通事故のニュースが。

すぐにテレビを消す和輝。

きっと両親は交通事故で亡くなったんでしょう。

 

話題は可愛い三男、朝輝のサッカーの話に。

日曜日の試合をみんなで応援しに行くことになった安達家。

「姉ちゃん、あんまり過激にならないようにね」と諭す和輝。

いつも強引で口の悪い桃子に対し、可愛く応援するよう説得している姿は、まるで姉ちゃんの秘書のよう。

こんなに明るくて素敵な兄弟がいるのだろうか?と考えされられてしまう瞬間ですね。

 

その後、桃子がいつも通り出勤すると、壊れた地球儀が元に戻っていた。

「あれ?」と驚きながらも、笑顔になる桃子。

地球儀をポケットにいれ、朝のミーティングへ。

 

6.クリスマスミーティング

クリスマスツリーと飾り

朝のミーティングの話題は、クリスマス商戦。

各部署から人員を集めて、クリスマス戦略の提案をすることになります?

販売部から推薦された桃子。

そして配送部からは真人が推薦されることに。

「イヤイヤ・・ダメです。」と断る真人だが、悟志に強引に押し付けられてしまう。

 

18時から初めてのミーティングが始まり、緊張する桃子の目の前に現れたのは、同じく緊張している真人。

プロジェクトリーダーには桃子が選出され、「2020年のクリスマスは、絶対に良いクリスマスにしたいです!」と意気込みます。

 

会議ではキラキラな演出を希望するスタッフが多い中、真人は・・

「キラキラしたクリスマスも良いけど、一人だったり辛い思いをしていると、目を背けたくなる。そんな人にも見に来てもらえるクリスマスだったら良いなぁって。」

「装飾のことは分からないけど・・大きな木とか良いなぁって。」と提案。

 

その言葉が心に響いた桃子は、思わず微笑んでしまう。

実は桃子も全く同じ意見だったんです。

桃子のノートには、

「派手さよりも親しみやすさ。幸せな人だけではなくて、寂しい人へ。本物の大きなもみの木のツリー。」の文字が。

両親がいないクリスマスを過ごしてきた桃子と、過去に闇がある真人だからこそ、分かり会える意見なのかもしれませんね。

良いクリスマスにしたい。と思う2人の願いは叶うんでしょうか。

 

7.親友とアイス

トッピングされたアイスクリーム

深夜にコンビニの横に座ってアイスを食べる桃子とみゆき。

浜野みゆきは桃子の幼馴染で、なんでも話せる親友の一人。

みゆきは旅行関係の仕事をしているため、コロナで仕事が減ったと話す。

現実の世界とリンクしている設定が多くでてきますね。

 

雑談をしながら、

「羨ましいな〜家族。」と話すみゆき。

そう話すみゆきからは、どこか寂しさが感じられます。

その後話題は恋愛の話になり、

「なんかこう〜心が通じる人が良い」と話す桃子。

分かり合える人や根っこが同じ人に出会いたいと話す桃子の頭の中には、真人の顔が・・。

 

8.サッカー大会

サッカーをする男の子

河川敷ではサッカーの大会が行われています。

そう、今日は朝輝の試合の日。

ひときわ大きな声で声援を送る桃子だか、弟が転ばされてしまいます。

その瞬間を見た桃子は、審判にブチギレ。

まさかのレッドカードをもらい、桃子が会場から追い出されてしまうことに。

「ふざけんなってんだよ」とキレる桃子とばったり会ったのが、たまたま散歩をしていた真人。

 

「いつもはこんなことないんですけどね」と誤魔化す桃子と、空返事の真人。

2人で歩きながら、両親が死んだこと、大学受験を諦めて就職したこと、弟達を養っていること・・いろんな話をしているうちに桃子が本音を話します。

「もうね〜心の中がオヤジっていうか、お父さんみたいになっちゃって・・」

「仕事から帰って家に灯りがついて、あいつらの声聞くだけでもう〜、泣けてくるんですよね。」と話す桃子。

 

優しく話を聞く真人に「吉岡さんは?」と質問すると、「父が3年前に死んで、母と2人」と真人が話します。

母が大切で、守りたいと話す真人。

そんな真人を優しい目で見つめる桃子。

きっと、心の根っこが繋がっていると感じた瞬間ですね。

 

その後地球儀を直してくれたのが真人だと知った桃子は、一気に親近感が高まります。

真人に彼女がいないと知った桃子。

「吉岡さんはバキバキした人と付き合ったら良いんじゃないですかね?例えば私みたいな。」と思わず言ってしまいます。

ドキドキした緊張感が流れる2人。

そんな空気を読んでか、弟から試合に勝ったとの電話が。

喜ぶ桃子と、その桃子を見て一緒に喜んでくれる真人。

 

最後は兄弟4人が仲良く歩くシーンで終わります。

第1話、ほっこりした気持ちになれたのは私だけでしょうか。

これからどんな展開になっていくのか、楽しみですよね。

桃子と真人はもちろん、熱い兄弟愛も素敵です!

 

「こんな時代だからこそ」

がどこかテーマになっている気がしますね。

2020年のクリスマスということは、現実世界でも今年のクリスマスの話。

ドラマと現実がリンクして、素敵なクリスマスを過ごして欲しいという思いが伝わってきます。

第2話以降も更新していくので、是非見に来てくださいね!

 

『姉ちゃんの恋人』見逃し配信はある?

『姉ちゃんの恋人』第1話を見逃してしまった人は、こちらから視聴することができます。

https://tver.jp/corner/f0060025

 

心が温まること間違いなしのドラマ。

是非視聴してみてくださいね。

 

www.shiyuri.work

www.shiyuri.work