Annzu ~パンのある暮らし〜

自然豊かな北海道の小麦と牛乳。素敵な素材を集めて魅力たっぷりのパンを作ってみませんか?素敵なパンの情報を集めたブログです。

江別市の50代教員男性が新型コロナウイルスに感染!働いているのはどこの学校?感染経路や入院している病院はどこ?

北海道での感染が拡大している新型コロナウイルス。

2月24日の時点で北海道では30人の感染者が確認され、道民には不安や心配の声が広がっています。

新たに感染が確認された江別市の50代男性の職業は「教員」とのことです。

新型コロナウイルスに感染した江別市の50代男性が働いている学校や感染経路、入院先について調べてみました。

北海道で新型コロナウイルスの感染が確認!感染者は30人に!

北海道で新型コロナウイルスの感染が拡大し、感染者は現在までに30人になっています。

オホーツク地方や石狩地方でも新たな感染が確認されていて、いずれも渡航歴がないことから市中感染などが疑われています。

これまでに感染者が確認された地域がこちらです。

2月22日までに北海道で17人の感染が確認。

  • 上川の中富良野町2人
  • 旭川市1人
  • オホーツクの北見市1人
  • 根室の根室市1人
  • 札幌市4人(そのうち2人は札幌雪まつりの関連者)
  • 江別市1人
  • 千歳市1人(新千歳空港検疫官)
  • 苫小牧市2人
  • 渡島の函館市2人
  • 七飯町1人
  • 知内町1人

 

2月23日に北海道で新たに9人の感染が確認。

  • 美瑛町  20代男性
  • 旭川市 30代男性と60代女性
  • 釧路市 30代女性
  • 札幌市 70代男性
  • 上川地方 70代男性
  • 胆振地方 80代男性と40代女性
  • 石狩管内   20代女性(意識不明の重体)

 

2月24日に北海道で新たに4人の感染が確認。

  • オホーツク地方 20代女性
  • 石狩地方 50代男性
  • 札幌市 70代女性と50代男性

江別市でも男性教員の感染が確認!働いていた学校はどこ?

江別市で新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは50代の男性。

50代男性の職業は教員ということで、市内では子供への感染の不安が広がっています。

 

新型コロナウイルスへの感染が確認された50代男性の働いていた学校について調べてみると、江別市内の公立学校ということがわかりました。

ミヤネ屋では「中学校の教員」と報道されています。

また、美術を担当していた先生で、生徒との接触もあったと報道されています。

 

既に感染が確認されている給食配膳員の女性が勤務していた小学校とは違う学校ということで、給食配膳員の女性との濃厚接触は考えにくいのではないかと思われます。
また、50代男性が勤務する学校では25日から3月6日まで臨時休校することが決まっています。

 

 感染経路や入院している病院はどこ?

江別市でコロナウイルスの感染が拡大していることで、気になるのが新型コロナウイルスへの感染経路や入院している病院ではないでしょうか。

50代男性の感染が確認されるまでの経路がこちらです。

  • 2月17日 せき症状
  • 2月20日 38度の発熱で管内医療機関A受診
  • 2月23日 管内指定医療機関B受診
  • 2月24日 道立衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査をしたところ、陽性と判明。現在管内指定医療機関Aへの入院に向け準備中。

 

50代男性の入院先については、現時点では明かされていませんでした。

2月24日の時点で準備中とのことだったので、現在はもう入院しているのではないかと思われます。

 江別市民のネットの反応は?